【ご注意】

 

PROJECT EUPHONIUM ではオランダの ADAMS社と協議の上、同社の日本におけるユーフォニアムおよびテューバの正式販売をしております。並行輸入ではありません。

SPEC

ベルサイズ:305mm(E1)、310mm(E2)

管厚:0.50mm、0.55mm、0.60mm、0.70mm、0.80mm

(材質により制限があります)

ベル材質:イエローブラス、ゴールドブラス、レッドブラス、スターリングシルバー​

表面仕上:ラッカー、ブライトシルバー、ブラッシュドサテン、ゴールドラッカー、ゴールドプレート、アンティーク、ノーラッカー等

オプションパーツ:メインテューニングスライドトリガー、ヘヴィートップ&ボトムキャップ

 

話題の Marcus Bonna 製 セミハードケース(130,000円相当)が付属します。

 How to Choice 

当方では、用意されていた全ての管厚と材質のモデルを丹念に試奏した結果、阿部竜之介氏がお使いの、

 ベル径 305mm(E1)
 管厚 0.70mm
 シルバープレート仕上

のモデルが、最も日本人奏者にマッチした音色とレスポンスだと思われました。

このモデルを基準に、

 これより軽い感じ → 管厚 0.60mm
 よりどっしりとした感じ → 管厚 0.80mm
 抵抗感がほしい → スターリングシルバーベル
 まったり感がほしい → ゴールドブラス
 クリアな感じがほしい → ラッカー仕上

といったチョイスができるものと思います。

なお、メーカーは、以下の二機種をお勧めモデルとして紹介しています。

 Normal: E1、0.55mm、イエローブラスベル、シルバープレート
 Heavy: E2、0.80mm、ゴールドブラスベル、ラッカー仕上

仕様選択のアドヴァイスも致しますので、購入希望の方は気軽にお問い合わせ下さい。メールでは微妙なニュアンスが伝わりにくいので、是非お電話下さい。

「こんな音を出したい」「こんなプレーがしたい」というようなイメージがあると、ご相談に乗りやすいです。なお、興味本位と判断されるようなお問い合わせにはお応え致しかねますので、ご了承下さい。

 

PROJECT EUPHOIUM おすすめのモデルはこちらです。

ADAMS - EUPHONIUM

オランダの管打楽器工房、アダムスのカスタムメイド・ユーフォニアムです。既に M.トロップマン氏、D.ワーデン氏、F.デッドス氏など、欧米の多くの奏者が使用しており、日本では早くも阿部竜之介氏が使用しています。

 

・一本一本丁寧にハンド・メイド。

・支柱を出来る限り少なくし、接地面を小さくすることによって、驚異的なレスポンスを実現。

(第4ピストンのストッパーもありません!)

・奏者の好みに合わせて、多彩なオプションが選択可能。

・マウスピースとレシーバーのギャップを調整する新機能。

(副次的な機能として、マウスパイプの長さを調整することができます)

 

という、従来のユーフォニアムとは大きく異なったモデルです。

 

 可動式レシーバ 

全モデルに可動式マウスパイプレシーバーが装備されています。これは、マウスピースの末端と、マウスパイプの末端(マウスパイプレシーバー内)とのギャップの長短を、ネジで調整で調整できるようにしたものです。この副次的な効果として、マウスパイプ全体の長さが調整できるようになり、マウスピースが口に当たる角度を自分好みに調整できるようになります。

これによって、音のアタリやコントロールが劇的に変化します。非常にコントロールし易くなるポイントと、コントロールしにくくなるポイントとの違いは明瞭で、これまでこうしたものは、楽器個体の特性として判断され、所謂アタリハズレとして選定されていたものに匹敵するのではないかと思います。

抱えて演奏するユーフォニアムの場合、口とマウスピースの角度のベストポイントをキープするのは、他の楽器に比べて困難です。例えばお腹が出たり、へっこんだりと、体格が変化すれば、当然口とマウスピースとの角度に影響が出てしまいます。こうして奏者側でマウスパイプの長さを調整することで、自分のベストポイントを見つけられるということは、大変に画期的なことではないかと思います。

Adams のユーフォニアムを使用している、D.ワーデン氏のブログにも、このシステムの詳細が記載されています。

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
 PRICE 

(  )内は希望小売価格

  • Japanese Standard 0.70mm ラッカー仕上:868,000円(1,240,000円)​ 

  • Japanese Standard 0.70mm シルバー仕上:888,000円(1,270,000円)​ 

※ どの管厚も価格は一緒です。

Optional Parts​​

  • ゴールドブラスベル  33,000円(48,000円)

  • レッドブラスベル  55,000円(79,000円)

  • スターリングシルバーベル  160,000円(229,000円)

  • メインテューニングスライドトリガー  102,000円(140,000円)

  • ピストンキャップ+抜差管金メッキ  102,000円(140,000円)

  • シルバープレート仕上  20,000円(30,000円)

  • フルゴールドプレート仕上 745,000円(1,070,000円)

他のオプションにつきましては、お問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 

※ 別途消費税がかかります。

※ 欧米ではすでに大変な人気になっており、加えてハンドメイドのため、現時点で製作には6ヶ月程度要するとのことです。さらにカスタマイズの内容、工房の休暇、税関等の混み具合などによっても変わります。お早めのお申込みをお勧めします

​※ こちらの商品は受注生産となり、当方がアダムスの工房に直接オーダー致します。「受注生産・お取寄せ商品についてをご覧の上、お申込・お問合せ下さい。

※ 為替相場の変動により、予告なく価格が変更になる場合があります(お申し込み後の価格変更はありませんので、ご安心ください)。

 

※ ハンドメイドですので、極く小さな傷や凹み、メッキの浮きなどが見られる場合があります。