quid ma cotto - REVIEWS

「遊び心をくすぐり、低価格で楽しく使える」PROJECT EUPHONIUM のオリジナルブランド quid ma cotto。

​プロ奏者の方々にも試奏していただき、ご高評をいただいております。

テューバ奏者 岩渕泰助氏に試奏していただきました

2016.3.8

 

神奈川フィルハーモニー管弦楽団テューバ奏者の 岩渕 泰助 氏に、quid ma cotto のチンバッソ QCBF-752GL を試奏して頂き、お買い上げ頂きました。

 

 

「吹奏感がとても良いと思いました。詰まった感じがなくて、ストレートに音が出る、誰でも鳴らしやすい楽器ですね。

 

 開放の音や良く使う音などの音程がいいです。3番管が少し低めに感じたので、私なら約1センチほど短く切って使ってみたいです。

 

 楽器の仕上げは高級モデルに比べれば劣りますが、ロータリー回りのパーツはしっかりした物が付いているので問題ないと思いました。できれば楽器の精度を上げる為に、購入後にすり合わせをした方がいいですね。

 

 この楽器は完成品と思わず、自分の使いやすい楽器に仕上げていく為のモデルだと思えば、値段といい、吹きやすさといい、最高の楽器だと思います。」(岩渕氏 談)

 

 

© 2013-2019  by PROJECT EUPHONIUM. All rights reserved.