quid ma cotto - REVIEWS

「遊び心をくすぐり、低価格で楽しく使える」PROJECT EUPHONIUM のオリジナルブランド quid ma cotto。

​プロ奏者の方々にも試奏していただき、ご高評をいただいております。

テューバ奏者 村上紀義氏に試奏していただきました

2016.8.26

ブラスバンド・キャンプ in 浜松 2016にて、トルコ共和国のビルケント交響楽団テューバ奏者の 村上 紀義 氏に、quid ma cotto のチンバッソ QCBF-752GL を試奏して頂きました。

「quid ma cotto のチンバッソを試奏してまず感じたことは、低音域の吹きやすさでした。音抜けが素晴らしい。


響きや音色のコントロールを十分にこなしつつ、ピアノからフォルテまですべてのダイナミクスにもこちらの要望通りの反応を見せてくれたことには驚きです。

もちろん高音域もコントロールしやすく運指の違いによる鳴りむらなどもないので、「音楽づくり」に時間をかけることができると思います。

一つだけあえて欲を言うなら・・・早いパッセージを無理なく演奏するために指かけが欲しいところですが。(注:現在は付いています)

そんな良いところばかりの楽器ですから、この楽器の音を聴いて「これは中国産の安価な楽器だ」と気付く人はまずいないと断言できます。」

(村上氏 談)

 

 

© 2013-2019  by PROJECT EUPHONIUM. All rights reserved.