quid ma cotto, GALACTICA - REVIEWS

「遊び心をくすぐり、低価格で楽しく使える」PROJECT EUPHONIUM の企画販売するオリジナルブランド商品。

​プロ奏者の方々にも試奏していただき、ご高評をいただいております。

ホルン奏者の戸田大貴氏に試奏して頂きました。

2019.4.16

ホルン奏者でカシスクインテットなどでご活躍中の戸田大貴氏に、quid ma cotto のフレンチホルンと、GALACTICAのマーチング・フレンチホルンをレビューして頂きました。

■ quid ma cotto French Horn QFH-103IIG

 ベルに少々重量を感じますが、反応もよく、吹奏感は意外にも軽く吹きやすいです。強奏時の音のハリに、どことなくアレキサンダー103のサウンドを感じさせますが、全く別の楽器としてちゃんと成立しています!

 

 20万円台前半で購入できるので、学生や趣味で続けたくてもあまり予算はないという方の選択肢に加えても良いのではないでしょうか? このご時世、お薦めできる有名ブランドの新品は、安くても5、60万円ほどしてしまうので、この値段の楽器でこの音が出せるのは素晴らしいと思います。

■ GALACTICA Marching French Horn GFR-333M

 マーチングホルン奏者ではないので、マーチング楽器としての良し悪しはコメント致し兼ねますが、「ホルン奏者が様々な用途で使えるフロントベルのフレンチホルン」としてはとても良い楽器です!

 

 音もフレンチホルンの音色を損なっていません。金管五重奏やポップスのライブなどで持ち替えで演奏するのにもってこいです。
 

※ 戸田さんは GFR-333M を購入されまして、カシスクインテットのコンサートでもお使いになっています。

戸田さん、有り難うございました!

© 2013-2019  by PROJECT EUPHONIUM. All rights reserved.